岩盤浴施設側の視点

 岩の種類がありすぎ!
 どれが良いかなんてわかんない。

 とか考えてしまいますが、
 今回はちょっとひねりを入れて、
 岩盤浴を提供する施設側の視点で、石の選択を考えてみました。

●宣伝効果
  名前の売れた高価な石を使用することは大切でしょう。
  これはトルマリンや、ゲルマニウムなどでしょう。
  岩盤浴が広がってきているんで、ブラックシリカとかも
  ネームバリューが出てきているかも。

●費用対効果
  効果を落とすことなく石の購入にかかる費用を抑えて、
 その分を利用価格を下げたり、付加サービスにまわしたりする。
 という戦略をとることも考えられます。
 顧客満足度が高ければ、リピート客が多くなり
 事業として安定してやっていくことが
 可能になるのでは無いでしょうか。


お役に立ったと思ったら応援お願いします!
人気blogランキングへ
ブログランキング【ブログの殿堂】

Yahoo! RSSリーダーをお使いの方、こちらで登録できます。
My Yahoo!に追加



岩盤浴情報局@目指せ健康デトックス

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20509760

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。