総務省TBS聴取へ

 あるあるの納豆ダイエットで物議を醸し出した
報道のチェック体制の甘さ。

だが関西テレビを批判していた他の報道機関は
全く自分の問題としては捉えていなかったようだ。

あきれるばかりである。


ブログランキング見てみます?
人気blogランキングへ
ブログランキング【ブログの殿堂】

ヤフーニュース(Link切れ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070209-00000027-san-soci&kz=soci

引用

TBSの情報バラエティー番組「人間!これでいいのだ」で取材や表現に不適切な点があったとして同局が謝罪した問題で、総務省は8日、事実関係の調査を始めた。近日中に同局から事情を聴く方針という。番組は関西テレビの捏造(ねつぞう)問題発覚後の今月3日の放送で、テレビ局のチェック体制の甘さがまた浮き彫りになった。

 問題となったのは、高周波を含む「ハイパーソニック」音を聞くと、脳内にα波が出て集中力が高まるという特集。

引用ここまで


ちょうどこの番組は見ていたのだが、
風鈴を吊るした塾の風景が放送されたり、
実際に脳波を測ったりといった内容だったと記憶している。

小学生が実際に「ハイパーソニック」音を聞きながら勉強して
テストの点数が上がった、という検証結果もあった。

ただ、確かに点数は上がったが劇的というほどでもなかったし
それほど効果があるものでもないかなという印象を受けていた。


ただ、塾に制作側が風鈴を持ち込んでいたとは
さすがにわからなかった。

塾の関係者もコメントしていたが、
結局あれは完全に「やらせ」だったということだ。


あるあるが大問題になった後で放送された番組だけに
局側も少しは神経質になったのかと思いきやのこれ。


報道も政治も、自分のことは棚にあげて
人の失敗を攻撃すること以外には興味は無いのだろうか?


岩盤浴情報局@目指せ健康デトックス

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。